まなざしが出会う場所へ―越境する写真家として生きる
5c32b9d2e73a256eab1f01e9

まなざしが出会う場所へ―越境する写真家として生きる

2,160 JPY

Free shipping

About other shipping cost

どうして見つめ返すのか。困難を生きる人びとの眼を——。アフリカ、アジア、東日本大震災後の福島へ。フォトジャーナリストが自らに問うルポルタージュ。 国境なき医師団との関わりから写真家として歩みはじめた著者は、世界各地の紛争や飢餓や児童労働、災害の現場を取材し、人びとが人権を奪われ、生きづらさを強いられる現代社会の「問題」を発見する。それは同時に、一人ひとり固有の名前とまなざしをもつ「人間」に出会う経験でもあった。 困難を生きる人びととわかりあえないことに苦悩しつつ、「共にいられる世界」を切実に求めて旅する著者の声は、分断の時代に私たちはどう生きるのかという道を指し示す。